ガシガシトレドの冨樫さん

 外でスケッチをしていると目に見えるもの全てを描きたくなる。海外でのスケッチの場合は尚のことで、目の前の感動的な風景を全て持って帰りたくなり、あれもこれもと一枚の紙の中に詰め込んでしまう。 画家の古山さんに「詰め込み過ぎ…

fuenteという奇跡

 私は萬年筆くらぶという万年筆愛好家が集う会を主宰している。くらぶでは『fuente』という会報誌を年3冊発行しており、毎号、万年筆愛に満ちた文章が会員から投稿されている。 書籍『fuente』を楽しむ。それは文字通り『…

ペリカン500

 机の引き出しの奥からペリカン500の茶縞が出てきた。こんな所に仕舞ってあったのかと30数年振りの再会に驚いた。 当時、ペリカンの万年筆には500、600、800の3種類があった。500は1940年代の400の復刻版で、…

手書きへの回帰

 30歳少し前から私はパソコンに夢中になっていた。NECのPC8801mkⅡ。その上位機種に9801mkⅡというのがあったが、とても高価で買えなかった。8801mkⅡですら高価なものだった。電気店の入口にはパソコンが広範…

裏紙愛好会

 実は、私は「裏紙愛好会」の会長を長いこと務めている。裏紙愛好会というのは、資源の問題や環境の問題に触れることもあるが、根底には、裏紙に「儚さ」や「侘しさ」を感じ、愛おしくて捨てることができない人間の感情を扱う会である。…

ハマスホイの絵画と『fuente』

 ハマスホイ展に行った。入場して最初に目にした、都立美術館が設置したパネルに釘付けになった。 「急いで語らなければならないような芸術家ではありません」 この言い回し、持ち上げるのかと思いきや、落とす。来館者にいきなり否定…

ふでDEまんねん スケルトン

 「作ってみました。使ってやってください」との簡単なメモが添えられていた。箱の中から出てきたのは透明軸のふでDEまんねんだった。 エッ! エッ?! エー!! 透明軸のふでDEまんねんスケルトンを手にして、私は驚きの声をあ…

萬年筆くらぶ

 万年筆の魅力に取り付かれた人たちがいます。ある人は一本の万年筆を何十年間も使い続け、その魅力を語り始めると一時間でも二時間でも続きます。ある人は一本購入すると、すぐ新しい万年筆が気になり出し気が付いたら机の上は万年筆だ…

詩人とウィスキー

 萬年筆くらぶ会員の冨澤文明さんは詩人である。「十八歳の時から詩に憑かれ、詩の営為を唯一の生き方途と信じ、そこにすべての自己証明を賭して生きてきた」と、冨澤さんの著書『夏の栞』(七月堂 一九八三年)のあとがきにある。 詩…

モンブラン 344

 student model(1950-1958)とモンブラン関連の資料には書かれている。普及版であったらしく、クリップの鍍金が剥がれてしまっているものが多い。ペン先は適度に柔らかく、滑らかな書き味は現行品のモンブランと…